秋の念佛まつり-陰翳礼讃-「十夜一夜」(Tenya Wanya)スーパーステージ奉納予告編2 速報

「秋の念佛まつり 十夜一夜(テンヤワンヤ)」【最新情報2】

秋の念仏まつり 陰翳礼讃 十夜一夜(Tenya Wanya) 2019
宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 11月 3 2019 with 147 people interested and 30 people going.

ミュージカル奉納
「佛法外伝 シルクロード物語」第二章 中国篇」予告

さて、次なるお話は
東の果ての日本に一歩一歩と近づく一行はシルクロードを行脚して、敦煌へと至ります。

二胡奏者の帯金さんの奏でる二胡の音色が中国の広大な大地を思わせます。そこに石積瞑想「ロックバランシング」をする溜氏の姿が。仏さまと皆さまの前で追善、作善と回向の石を積んで参ります。いかがなりますか乞うご期待。

どうやら、幼子、嬰児のご供養です。「賽の河原地蔵和讃」に進行役の和心もお釈迦さまから遣わされた地蔵となります。地獄の鬼の使いとなった龍が突如現れ、和心地蔵は幼子たちの御霊を成仏させられるのか。

本堂では、阿弥陀さまから遣わされた元劇団四季ダンサーマサキチ扮する観音さまが、福娘たちと華を散らして場を清め、仏を讃嘆致します。鳥鳴き花咲き乱れる浄土を見せる今回の福娘は、天本さん、中嶋さん、畑山さん、井さん。

凄まじい形相で、襲いかかってくる龍。
そしてそこに立ちはだかるは太極拳士糸数さん扮するは達磨大師か、孫悟空か。拳法の達人が相戦いまする。一進一退の攻防の末…。

さて、阿弥陀さまはそのみ名を呼べば、時のかなたからやってきて、そのみ名を呼べば、夢の中からからましまして、そのみ名を呼べば、愛の国からお救いのお声を頂戴しまする。
氣龍画師のエネルギーが龍を包み、龍王神と生まれ変わり皆で仏さまの御前で懺悔し奉る。
難行苦行を乗り越えて、日本まであと一歩。
続きは、次回の講釈で。

「佛法外伝 シルクロード物語」第二章 中国篇 にご期待下さい。
ミュージカル前売券・フリーパスポート 好評発売中!!
予約/購入先・主催事務局
090-7979-4033 or 090-1977-5577
どうぞいらしてくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました