真吉(まさきち)さん

特集

プロフィール

福岡を拠点とするダンサー・振付家。
幼少よりクラシックバレエを始め、劇団四季ミュージカルとテーマパークでダンサーの経験を積む。もっと自由なダンスに憧れ、1年半渡英。帰国後05年よりコンテンポラリーダンス創作を開始。「福岡ダンスフリンジフェスティバル」には5回出演。12年「ミソる、ヨソる」(振付、出演)にて観客賞受賞。08年から踊る女プロジェクトを始動し、ソロ・デュオ・群舞公演を行う。またダンサーとして演劇作品にも出演多数。07年からは小学生への演劇・ダンスのワークショップに関わり、体を動かす楽しさや豊かさを伝えたいと活動する。

圓應寺とのご縁・想い

今年の七夕EVEスペシャル企画で、劇団同期の藤城道博さん・一井優希さん、副住職三木さんによるパフォーマンスを観に圓應寺に初めてお邪魔しました。圓應寺は藤城さんが以前からパフォーマンスを行っていたので、伺う機会を楽しみにしておりました。

まず門をくぐると境内の空気は澄んで清清しく、お堂の中は煌びやかで輝いていました。パフォーマンスが始まると、三木さんの読経が深く身体に響きわたり、藤城さんのキレの良い踊り・一井さんの豊かな歌声と相まって、極楽浄土の世界に誘われました。会場には老若男女、様々な方がいらっしゃって、開かれた親しみやすいお寺だなと感じました。

ご縁がつながり、早速8月26日令和初の「光姫忌」に参加させていただくことになりました。今から身が引き締まる思いです。打合せでは、三木さんに黒田官兵衛と妻・光姫、それにまつわる人々の歴史や生き様を熱く語っていただきました。ここから、どうのようにパフォーマンスを立ち上げていくのか、「光姫忌」ご奉納を藤城さんはじめ演劇共演者と協力し創作に励みたいと思います。沢山の方にお越しいただけたら幸いです。

真吉(まさきち)さんを知る

現在は、コンテンポラリーダンサー・振付家としてダンス作品創作・音楽家との即興ライブなどを行っています。また福岡市内でジャズダンス、キッズバレエ、ピラティスのインストラクターをしています。また小学生への演劇・ダンスワークショップにも積極的に関わっています。

皆さまの中にあるクリエーションとイマジネーションを引き出したいと取り組んでいます。ダンスパフォーマンスとのコラボレーションライブ、踊りを始めてみたい方、体験してみたい方、体を整えたい方、お気軽にお声かけくださいませ。

mail→masakichi228@gmail.com
facebook→https://www.facebook.com/oopsolosolo/

タイトルとURLをコピーしました