濱田 道裕 さん

特集

プロフィール

タブラ奏者
広島生まれ、福岡育ち。
2014年インド放浪中、聖地バラナシにて二つの太鼓から多彩な音を奏でるtablaに魅了され指導を受け帰国。その後、インド音楽J.I.N Music Associationに席を置き指導を受ける。
シタール奏者の奥田達郎と出会い共に演奏活動を始める。
2017年インドニューデリーにてインド舞踊コンサートへ出演、本場インドでのステージはかけがえのない経験となる。
これを機により本格的にtablaと向き合うこととなり、ジャムセッションのスタイルから導かれるようにインド古典音楽の道を歩み出す。
二つの要素を織り混ぜたフィーリングで即興演奏繰り広げる。
福岡を中心に、神社仏閣や様々な施設、イベントなどで演奏活動中。

圓應寺との「縁」

2019年夏頃に圓應寺で行われたインド舞踊のイベントにて急遽演奏させて頂いたことをきっかけに、『秋の念佛まつり-陰翳礼讃- 十夜一夜(Tenya Wanya)2019』や『「JODO AID」浄土エイド 千葉台風被害早期復旧チャリティー&首里城再建チャリティー』に出演させて頂いきました。

色々な国の文化が集結して、普段では経験出来ないコラボが生まれたり、その時の状況に合わせて予定していない取り組みをお願いした時もすぐに対応して下さり、想像以上の演出が実現したりと、毎回新たな可能性を感じさせてくれました。

歴史文化的な行事から新しい試みのイベントも沢山開催されており、子供から高齢の方まで神仏を感じながら様々な文化に触れられる貴重なお寺だなと思います。ご縁に感謝です。ありがとうござます。

濱田 道裕を知る

演奏活動を通してタブラの魅力を伝えながら、手軽に楽器に触れられる機会を作って行けたらと思ってます。タブラは、二つの太鼓だけでとても多彩な表現が出来る打楽器です。高音と低音2種類の太鼓を指や手のひらとを使って叩くのですが、リズムだけでなくメロディーまで奏でることができ、インド音楽からポップ・ロック・ジャズ・テクノなど様々なジャンルの音楽に用いられ、たくさんの可能性を秘めておりとても面白いです。世界中のタブラ奏者の演奏がYouTubeなどで気軽に聴くことが出来るのでぜひ聴いてみてください。イヤホンで聴くと低音もよく聴こえてより楽しめます。

連絡先

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

出演情報などは随時こちらにてアップしております。

タイトルとURLをコピーしました