寺子屋|日本刺繡 Japanese embroidery

西暦500年ごろ、インドからシルクロードを渡って仏教と共に伝えられた「繍仏」・・
その後、信仰のための繍仏が、衣類の装飾刺繍に多用され人々へ親しまれるようになりました。
今も多くは着物や半襟などの和装のものに用いられていますが、その絹糸独特「光沢」のなんと美しいことでしょうか。そのため様々な小物やインテリアにと活用の幅は広がっております。
日本刺繍の繊細な色使いと立体感、針を刺すときの、「ボツッ」という音と、絹糸が布をとおる「シュー」という美しい音・・今回は 体験用の15センチ角の布台を使いまして「日本刺繍」のルーツである仏教と寄り添いながら 「体験」、「体感」していただきたいと思っております。
心をこめて、想いをこめて一針一針・・
なかなかできない体験ですのでご家族、お友達等お誘い合わせの上どうぞご参加くださいませ。

刺繍した作品はそのままお持ち帰りいただけます。

開催日時・参加費・お問合せ

直接圓應寺へ TEL/092-761-1454
または、FAX/092-761-1461 にてお問い合わせご予約ください。

持参品

糸切りばさみ(お使いの物、よく切れる物があれば)

※糸、針等の刺繍に必要な道具はこちらでご準備いたします

タイトルとURLをコピーしました