アユミ ケカマイカマルコア さん

特集

プロフィール

クムフラ、パフォーミングアーティスト

圓應寺(円応寺)副住職三木英信が紹介するアユミ ケカマイカマルコアさん

圓應寺(円応寺)副住職三木英信が紹介するアユミ ケカマイカマルコアさんの2018年11月、地元越谷の市政60周年記念式典にて

埼玉県生まれ

1999年、当時通っていたハワイ島コナでフラと出合い、ハワイアンのクムフラ(フラの師匠)のもとで学び始める。2006年12月、オアフ島に移住。2008年の秋にマスタークムフラ、キモ アラマ ケアウラナと出会い、翌年、彼の主宰するレイフル フラ スクールに入学。日本人で初めてケアウラナの師範養成コースに招かれ、2011年に卒業。卒業時にハワイアンネーム「ケカマイカマルコア」(コアの森に安らぐ子どもの意)を命名される。
2013年、帰国。2014年1月6日に埼玉でハーラウ オ ケカマイカマルコアを開く。現在、東京(渋谷)、埼玉(越谷)、福岡の3ヶ所にて古典フラ・現代フラの指導にあたる。2020年からは沖縄校を開校する予定。

2010年にハワイはカウアイ島、ラカの祭壇にてフラの神様ラカに舞を奉納する。帰国後、2014年から神社仏閣での奉納を開始し、毎年恒例となっている冬至の熊野、夏越の大祓の高千穂奉納をはじめ、出雲、広島、仙台など各地の神社仏閣、聖地にて舞を奉納。2018年8月には南フランスのナルボンヌにて、初のヨーロッパ奉納を経験する。奉納以外には、ハワイアンのイベントでのステージや、ハープとのコラボなど、新しい試みに挑戦している。

フラの活動以外では、翻訳、執筆家として活動している。著書、訳書に『風の翼にのって』(ダイヤモンド社)、『フナ 古代ハワイの神秘の教え』(ダイヤモンド社)、『ナー・レイ・マカマエ 愛しのレイ』(イカロス出版)などがある。現在、フラ雑誌『素敵なフラスタイル』では、「これだけは知っておきたい古典フラ」、「クムフラファイル」、「ハワイの植物」の3本を連載している。

圓應寺とのご縁やお寺について思うこと

教室の福岡校がすぐそばにあり、スタジオをお借りしているハワイアンショップ ラエさまのご紹介で副ご住職様、奥様とご縁をいただいたのがきっかけです。美しい御本堂にて、さまざまなイベントを運営されていることに深く感銘を受け、共感いたしました。その後、間もなく、関東の台風被害と首里城消失というできごとがあり、復興のためのチャリティイベントをと提案させていただきました。お釈迦様がお悟りを開かれた12月8日という特別なお日にちに『JODO AID』として実をむすぶことになりましたこと、心より感謝申し上げます。

黒田官兵衛ゆかりの由緒あるお寺様。弁天様や龍神様もお祀りされていらっしゃるとのことで、この素晴らしいご縁に深く感謝し、足繁くお参りさせていただくつもりでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
そうそう、犬好きな私としましては、ボルゾイのケイトちゃんに会えるのも楽しみです。

アユミを知る

フラの学びを通じてハワイの愛の精神、アロハスピリットに触れ、学んでいただければと思い、活動しております。フラは古代ハワイの人々が自分たちの身体を使って自然の動きを表現し、神々に捧げていた踊りです。神聖な舞でもあるフラは、時を超えて踊り継がれ、現代では素晴らしい芸術として世界各地で楽しまれています。
奉納で神聖な舞を神様や仏様に納めることと、ハワイアンのステージでお客様に楽しんでいただくこと。このバランスを楽しんでおります。
2017年6月よりスタートいたしました福岡校では、月1回のレッスンと、毎年、夏越の大祓の高千穂奉納、高千穂のCafe terrace TAKACHIHOYAさまでのステージが恒例となっております。随時メンバーを募集しておりますので、ご興味ございます方はぜひ一度レッスンにいらしてください。

教室名: ハーラウ オ ケカマイカマルコア
e-mail: ayumialoha@gmail.com

koalani – works of Ayumi Kekamaikamalukoa
コアの森にくつろいで---ロコダンサーのような優雅で美しいフラが学べる教室です!
Hālau O Kekamaikamalukoaさんのブログです。最近の記事は「新クラス、メンバー募集します!(画像あり)」です。
タイトルとURLをコピーしました